ビザ(visa)と在留許可の違いを簡単に説明!事前知識まとめ

一般的に使われるビザ(visa)と在留許可は本来の意味とは異なって使われることが多いです。

ビザと在留許可を混同して使っていることが多いと思います。

このページでは、ビザ(visa)と在留許可の違いを簡単に説明し、在留資格取得の事前知識をまとめました。

 

ビザ(visa)とは?

正式には査証と呼ばれるものです。

査証は、パスポートが権限ある機関によって適法に発行された有効なものと日本国領事官などが確認するものです。

また、外国人の日本への入国及び在留が、査証に記載されている条件の下において適当であるとの「推薦」の性質を持ちます。

つまり、外国にある日本国領事官などで、日本に入国・在留したい外国人の持っているパスポートが適法に発行され有効なものであることを確認し、日本上陸の際の入国審査官に対して推薦するというものです。

 

在留許可とは?

日本に上陸し、一定期間活動を行おうとする場合、在留資格が必要になり、在留資格を得るための申請に対する許可が在留許可になります。

活動する内容によって在留資格が異なり、要件も異なってきます。

 

査証(ビザ・visa)と在留許可の違い

在留資格を得るという視点からの違いは、次のようになります。

在留資格を得るための在留許可の枠の中で、上陸審査の場面において考慮される一つの条件が査証(ビザ・visa)。

例えば、日本でインド料理店のコックとして働きたいインド在住の外国人がいたとします。

日本でコックとして働くには、在留資格「技能」が必要になります。

そこで、「技能」の在留資格認定証明書の交付申請をして、この証明書とパスポートなど必要書類をもってインドの日本大使館などで査証(ビザ)の申請をします。

そして無事、査証(ビザ)が発給されたら、査証が付与されたパスポートと在留資格認定証明書などをもって、日本で上陸審査を行います。

審査の結果、在留資格と在留期間が決定されます。

このように、在留資格を得るための一連の流れの中で査証(ビザ)があります。

 

在留資格認定証明書についてはこちら→外国人が日本に在留する際に必要な在留資格認定証明書をご存知ですか?

上陸審査の条件についてはこちら→就労ビザで日本に上陸するための条件4つを答えられますか?

 

査証(ビザ・visa)を得たからと言って、必ず入国できるとは限らない?

上に書いた通り、査証は上陸審査の際に考慮される条件の一つにすぎません。

ですので、別の上陸審査の条件を満たしていなかったりすれば、上陸は認められないことになります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

よく勘違いされ混同される、在留許可とVISA(査証・ビザ)の本来の意味と、在留資格取得の事前知識をまとめました。

 

海外から日本に外国人を呼び寄せ、就労や在留するには、基本的には在留資格認定証明書の交付申請を行うことになります。

そうすることで、在留資格該当性や上陸許可基準を事前に審査してくれて、日本大使館などでの査証(ビザ)の発行、上陸審査がスムーズになります。

在留資格認定証明書の交付申請では、各在留資格に必要な条件を満たしているかを証明するために書類を収集・作成していくことになります。

在留資格該当性や条件の確認、それに基づく書類作成などが面倒だと思った方

弊所にご依頼頂ければ、これらのことを考えることから解放されます。
  • 在留資格該当性の確認
  • 在留資格の条件の確認
  • 雇用契約の内容や書類作成
  • これらを証明する書類収集・作成
  • 何時間も待たされる申請、入管とのやり取り、追加書類の対応
  • 雇用後の在留資格に関する手続き
  • その他、在留資格に関する手続きetc…

 

基本料金
在留資格認定証明書の交付申請 80,000円~
在留資格変更申請 80,000円~

安心!返金システム

もし、弊所のミスで許可が下りなかった場合は全額返金いたします。

 

手続きのご依頼、お問い合わせ方法

お問い合わせは無料です。

ご依頼も下記のお問い合わせ方法から行えます。

ご依頼前の不安や不明点などもお気軽にどうぞ。

 

①メッセージアプリによるお問い合わせ

メッセージアプリでのお問い合わせ始めました!

より、お手軽にお問い合わせが可能です。

お問い合わせ以外の通知はありません。

Facebook Messenger

 

LINE↓

 

Kakao Talk↓

 

WeChat↓

 

通知のオフ設定も簡単なので、追加してからの煩わしさはありません。

②メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは下記のフォームをご利用ください。

行政書士吉田達也事務所

 

関連ページ

どうやって外国人を雇用する際の在留(ビザ)手続きをするのか?

日本に在留しているけど、旅行や帰省で一時日本から出国したい場合の手続き

その在留資格で雇用して大丈夫?日本で就労できる在留資格(ビザ)の種類